FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

消費者金融・ローン用語Q&A


消費者金融・キャッシング用語Q&A
消費者金融の審査基準とは?
消費者金融の審査基準は公表されていないのがほとんどです。審査の基準で重要視されるのは他社借入れ件数です。許容件数は会社によってまちまちなので、他社借入れ件数のページでご確認ください。
次に健康保険の種類を審査で重視します。これにより限度額が決定されることがあります。 共済(公務員)・組保(大企業社員)→社保(会社員)→国保(自営業、自分で払っているアルバイター)の順で評価がかわってきます。これは収入が安定しているかどうかをはかる目安となります。
次に勤続年数です。3ヶ月未満だとほぼ断られることが予想されます、勤続6ヶ月未満の人は融資を受けるのは厳しいかもしれません(消費者金融によっては考慮されないこともない範囲です)。
また、勤め先の会社の規模、正社員かアルバイトか、居住年数、持ち家かマンションかアパートか、家族構成なども審査の基準となります。 主婦の借り入れの審査の場合は夫が審査の対象になります。
消費者金融とは?
消費者金融(サラリーマンローン、サラ金)とは、消費者の信用をもとにお金を融資することです。基本的に個人向けに小額のお金を、無担保(信用を担保とします)、無保証、本人確認等の簡単な審査で融資します。銀行のように預金を受け入れませんのでノンバンクと呼ばれます。
利息は利用日数に対して計算されますので、返済が長引くほど利息が増えることになります。
審査に通る方法
何社にも多重申し込みするより、審査が甘い会社独自審査の会社 を選らんで、絞り込んだほうが効率的です。
3社申し込んで3社で断られた場合、1ヶ月間以上をあけてまた申し込みをするとよいでしょう。
その際、消費者金融系では通らなかった人も、銀行系で審査に通る場合があるようです。これは銀行系は消費者金融とは違う基準で審査しているためです。
地方の消費者金融小さい業者は会社によっては難しい案件も柔軟に対応してくれるところが多数あります。
ブラックリストとは
消費者金融などでお金を借りると、その情報は個人信用機関という機関(申し込みの際に記入した個人情報や取引履歴などの個人信用情報を収集し、消費者金融企業に開示している機関)で管理されます。支払い、返済などが滞ったりした場合、事故情報というものが記載されることになります。これを通称ブラックリストと呼んでいます。この事故情報リストに載っている間は、新しく消費者金融やキャッシングを利用することができません。
信用情報機関
全国銀行個人情報センター
テラネット
CCB
CIC
支払い予定日から3ヶ月間支払いが遅れると延滞扱いとなり、個人信用情報期間に登録されてしまいます。次回消費者金融の審査の際の基準となり、審査に通らなくなります。延滞情報は登録されてから最低5年間は残ります。

【自己破産・ブラックリスト・他社借入れ多数・他社で断られた方も相談ができる会社】
連帯保証人とは?
連帯保証人は通常の保証人にくらべて責任が重く、借主(借金をした本人)と同じ義務を負う(請求を受ける)ことになります。保証人の場合、「まずは借金をした本人に請求をしてくれ」ということができますが、連帯保証人の場合はこれができません。
一度連帯保証人になると、おりるためには借主(借金をした本人)の同意が必要です。これはなかなか難しいことです。
保証人をたてることが難しい場合保証人を紹介する会社があります
消費者金融の審査とは?
キャッシングを受ける際の審査では、限度額や貸付が可能かどうかを、身分証明書(運転免許書、健康保険証、パスポートなど)で、年齢、本人確認をします。他社での返済実績がよくない場合、審査に通らない場合があります。
消費者金融のメリットは本人確認審査、情報センターからの借入の履歴の確認のみで(審査時間も短時間)、無担保でキャッシングをすることができる点です。

闇金とは?
ヤミ金(闇金融)とは、国で決めた金利(年利29.20%)を上回る金利をとる、非合法の金融業者のことです。
無条件融資、審査なし、どなたでも融資、などの宣伝文句を使う業者は危険です。
全国貸金業協会連合会のHPで確認してみてください。
紹介屋、整理屋、買取屋、090金融、システム金融などについて書かれています。

多重債務(多重責務)とは?
消費者金融では、簡単にお金を借りることができるために、多重債務に陥る人がいます。これは多くのの消費者金融などから多重に借金をして、自分の返済能力を超えてしまい返済が困難になることです。
返済のための借金かさね、利息が利息を生み負債が膨らんでしまいます。多重債務に陥ったときは、専門家に相談し、債務整理を依頼しましょう。任意整理、調停、個人再生、自己破産などがこれにあたります。
おまとめローンでは複数社から借りている借金を、一箇所から大型融資をうけて返済し、返済する会社を減らすことができます。
多重申し込みとは?
多重申し込み(申し込みブラック)とは短期間にたくさんの金融会社に申し込むことです。審査に通らないとお悩みの方、多重申し込み(短期間で複数の消費者金融等に審査を申し込む)をしていませんか?借りやすい会社を選らんで、絞り込んだほうが効率的です。
どうしても審査に通らない(カードが作れない)場合、多重申し込みの基準は3社程度と考えるとよいでしょう。3社申し込んで3社で断られた場合、1ヶ月間以上をあけて再度チャレンジしてみるとよいでしょう。ローンの申込み履歴は個人信用情報センターに保存されるからです(これにより、あまりにも申し込みが多い人はあやしい、とされる場合があります)。
一本化
リボルビング方式とは?
【定額リボルビング方式】
毎月一定の金額を返済する方法。
【残高スライド定額リボルビング方式】
利用金額に応じて決定した金額を、返済していく方法。
【定率リボルビング方式】
あらかじめ決まった定率で計算した元金に対する支払額と、その期間の支払利息額の合計金額を返済する方法。

【アドオン返済】
返済が終了するまで、元金に手数料・利息を加えて返済回数で割って、毎回の返済額を計算する方式です。クレジットカードの分割払いなどでたまに見られます。表示されている利率よりも実質金利が高くなりますので、他の返済方式よりも、利息が割高になるといえます。
独自審査とは?
独自審査は審査が甘いといわれています。無審査(審査がない)なわけではなく、独自の基準で審査しているということです。独自審査を採用している金融会社では顧客獲得の為、審査の基準を甘めにしていることが多いといわれています
独自審査の消費者金融特集
派遣社員でも借りられる?
派遣社員、専業主婦などでも融資可能な消費者金融は多数あります。貸付条件などで確認してみてください。
ネットキャッシング(インターネットキャッシング)とは?
店頭に行かず、インターネットから融資の申し込み、振込み依頼などをすることができるサービス。誰にも会わずに契約することができます。
家に固定電話がないと審査に通らない?
固定電話があったほうが審査で有利なのはたしかです。最低限携帯電話はもっていなければ不利でしょう。
携帯電話や固定電話の支払いが未払いになっている人は審査で断られるケースが多いです。
ファイナンスニュース  など携帯電話しか持っていない人でも申し込める会社もあります。
おまとめローンとは?
複数の消費者金融から借入れしているお金をひとつにまとめることにより、月々の返済額を減らすことができるプランです。現在借りている会社よりも金利が安い会社から借入れして返済するのがおまとめローンです。おまとめローンの選び方としては、金利が今より安いところを選ぶのが鉄則です。
おまとめローン
借りたお金はどこで返済するのか?
1.消費者金融の店頭、窓口での返済 2.提携ATMでの入金 3.消費金融の指定銀行口座へ振り込む 4.引き落とし 5.コンビニで入金(指定のコンビニ)などがあります。

実質年率とは?
1年間につく利息がどれだけかという年利のこと(1年後に一括で返す場合につく金利の割合)。実質年率が低いほど利息は安くなります。 たいていの消費者金融では、借りた日数分の利息を計算します。法律で定められている上限は29.20%です。

スポンサーサイト

2007年04月21日 消費者金融Q&A トラックバック:- コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。