FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

他社借り入れ件数6件、7件、8件、9件、以上


他社借り入れ件数6件、借り入れ7件、8件、9件、10件、以上の方にぴったりな消費者金融(小口中心)。

モビット
利息 限度額 審査 許容件数の目安
29.20%
300万円
10秒
何件でも相談
大口可能なので使い道もいろいろ。
即日振り込み、三菱東京UFJ銀行系で安心。コンビニATMでらくらくキャッシング。
(アルバイト、自営業者も可) 。
モビットは他社で落ちた人もOKだった例が多数あります。
【人気の秘密】人気の秘密はその独自の審査!の消費者金融。審査甘いで評判。複数の消費者金融から借りていてこまっている方にダントツ的人気。他社でだめでも、なぜか審査に通った!というケースが多くあります

日宝
利息 限度額 審査 許容件数の目安
4%~9.84%
50万~5億円
最短即日
何件でも相談
債務整理中でも不動産を所有されているか、保証人になってくれる方がいらっしゃれば可能です 。
職業、収入等の制限は設けておりません。
他の金融機関のローンが残っていても、所有不動産の評価額とローンの残高の差額に一定の割合があればご融資は可能です(多重債務大丈夫)。
一本化に最適。
法人・個人を問わず資金用途自由なローン。
不動産活用ローンをはじめ住宅購入ローン、大口無担保ローン、無担保フリーローン商品を扱って31年。
他の金融機関では難しかった案件(他社で断られる・審査に通りにくい・審査に通らない方)も「迅速」「適確」「誠実」をモットーに最大限の努力をいたします。

ファイナンスニュース  審査甘い 年率 融資限度額 審査 許容件数の目安
 
~29.20%
~50
即日
何件でも相談

振込みローンを中心に、全国展開していない地域密着型金融を、安全な業者のみ、多数掲載。
掲載店は、財務局長登録や各都道府県知事登録のある企業、および各都道府県貸金業協会加盟店のみを掲載していますので安心して利用できます。
利用は無料。


QUICK39 金利 貸付限度額 審査 特徴
~20%
1~50万円
即日
多重債務ok
消費者金融からの借り入れが多数あってどこからも借りれないと思っている方(多重債務者)、
今借りている所は金利が高くてもっと安いところへ借り換えしたい方、
まとまったお金が必要な方、
違法な高金利業者に間違って申し込みしたくない、という人に安心のサイトです。 複数の会社の仮審査が可能です。

ショッピング枠現金化 エースキャッシュ 還元率 融資限度額 来店 特徴
最大94%
カードの限度額
不要
何件でも大丈夫
14時までにお申込みいただければ、お申込みいただいた当日(即日)に現金をお振込みいたします。
郵便局の口座をお持ちのお客様は,19時までにお申込みいただければ当日(即日)お振込みできます。
振込手数料・送料・代引き手数料は全額無料です。
無職、勤務日数が少ない、契約バイト、フリーター、派遣社員でもOKです
他社借り入れ件数6件、7件、8件、9件、以上OK


消費者金融の審査基準とは?
消費者金融の審査基準は公表されていないのがほとんどです。
審査の基準で重要視されるのは他社借入れ件数です。許容件数は会社によってまちまちですが、会社によっては7件までOK とHPに書いてある会社も時々ありますが大抵は秘密になっています。(このページでは、会社が公表しているもの、クチコミをあわせて紹介しています)
次に健康保険の種類を審査で重視します。これにより限度額が決定されることがあります。
共済(公務員)・組保(大企業社員)→社保(会社員)→国保(自営業、自分で払っているアルバイター)の順で評価がかわってきます。これは収入が安定しているかどうかをはかる目安となります。 次に勤続年数です。
3ヶ月未満だとほぼ断られることが予想されます、勤続6ヶ月未満の人は融資を受けるのは厳しいかもしれません(消費者金融によっては考慮されないこともない範囲です)。
また、勤め先の会社の規模、正社員かアルバイトか、居住年数、持ち家かマンションかアパートか、家族構成なども審査の基準となります。 主婦の借り入れの審査の場合は夫が審査の対象になります。 多重債務(多重責務)とは? 消費者金融では、簡単にお金を借りることができるために、多重債務に陥る人がいます。
これは多くのの消費者金融などから多重に借金をして、自分の返済能力を超えてしまい返済が困難になることです。 返済のための借金かさね、利息が利息を生み負債が膨らんでしまいます。多重債務に陥ったときは、専門家に相談し、債務整理を依頼しましょう。任意整理、調停、個人再生、自己破産などがこれにあたります。
スポンサーサイト

2007年04月21日 他社借入6件から9件以上 トラックバック:- コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。